推薦

推薦のことば:

ゲイス A. バーグ 氏:フォックスマーク・ストラテジック・パートナーズ代表取締役会長、CRT(シカゴ・リサーチ・アンド・トレーディング;証券会社)元日本支社長

30年にわたって様々な経歴で働き、私の仕事生活と信仰生活がどのように交差したら良いのかとしばしば葛藤しました。
もしキャリアの初期にLightプロジェクトのトレーニングコースやセミナーに参加していたら、私の生活はより信仰と仕事が密着して喜びのあるものだったでしょう。
私は、どれだけ神が通常の仕事を高く評価していることが解ると共に、日本の多くのみなさんがその喜びを経験することを望みます。

廣瀬 薫(かおる)氏:東京キリスト教学園理事長

日本のキリスト教会を見ていて感じることの一つは、「どうしたら救われるか」について教えるのは非常に得意なのですが、「救われた後それぞれの場でどのように生きて行くか」を教えることが不足していることです。
洗礼が「ゴール」ではなく、喜びに満ちたクリスチャン生活の「スタート」になるように、「救われた後」に対して、神学的に、信仰的に、実践的に取り組み続けることが大切です。「信仰と仕事のLightプロジェクト」が、社会で働く方々に、聖書的な命を広げる大切な働きを担って行かれることを期待しています。

福田真理(まこと) 氏: グレースシティーチャーチ東京牧師・チャーチプランター

神が始めた仕事には、世俗的なものと聖なるものの区別はありません。東京都心で教会開拓をする中で、信仰と仕事の統合について考え始めたときに気づいたのは、まさに牧師であるぼく自身が信仰と仕事を結び合わせる聖書的な学びが必要だということでした。長時間に及ぶ過重労働や家族を犠牲にする働き方を、福音によって取り扱い、悔い改めなければなりませんでした。
おそらくLightプロジェクトは、信仰と仕事を統合するために、日本で初めて提供される学びのコースだと思います。働き方改革が叫ばれている今、クリスチャンの仕事観に聖書的でフレッシュな洞察を与えてくれるでしょう。

トレーニングコース参加者の声:

杉本嘉文(ひろみ)氏:日本の総合商社で経営企画職。

仕事は神様がデザインされ、私たちに対する祝福である事に気づかされました。職場で福音と共に歩むのはまだまだtrial & errorですが、先へと導いてくれる道しるべに出会え、福音への理解が深まりました。

小川武 氏:エンターテイメント会社の法務部に勤務。

神様が最初から仕事していた・・・? 神様のイメージに作られた自分、仕事に対する意識が間違っているのでは、と真っ先に思った。仕事を神視点で考え始めたら授かった今の仕事を通して社会の発展に貢献しているのが見えるようになった。神様との歩みを仕事に絞ったこのコース、神様の仕事に対する意志の理解を深めることになった。

池淵美香 氏:医療機関で秘書と事務職。

今まで仕事と信仰が一致していなかったのですが、学びを通して神様が先ず仕事をされ、仕事は良きものだということや、私の仕事も聖職者の仕事と同じ価値あることを知り、漸く信仰と仕事が一致していくスタートを切ることが出来ました。

グリーソン・ハナ 氏:日本の翻訳会社で翻訳。

このコースを受けて、仕事への考え方がどんどん変えられていきました。特に、仕事で体験する様々な葛藤を聖書的な角度から見ることができるようになり、学ぶことがたくさんありました。是非このコースをお勧めします。

池上ラファエル 氏:外資系保険会社でFPコンサルタントとして勤務。

自分で働いてしまって、神に委ねていないことが分かりました。自分たちが、神にどのような意図をもって造られ、仕事の中でイエスついて行って、一緒に働くことが見えてきました。