信仰と仕事ワークショップ

「信仰と仕事」ワークショップ(強化版)のお知らせ

(日本語のみで開催:No English translation provided.)

「信仰と仕事」に関して聖書から探るとともに、一般社会で働くクリスチャンが抱えているテーマを話合い、コミュニティーに励まされながら、自分の仕事や人生に適用するヒントを一緒に見つけていく会です。学びの部分を追加して強化しました。

どの教会の方も、ご自由にご参加ください。

テーマ: 【仕事への“真の情熱”とは!?】

聖書からの新しい「働き方改革」シリーズ3

  • 日 時: 2019年1月19日(土)午後2時ー5時(フェローシップ含む) 受付は1時45分開始、2時にプログラムをスタート。
  • 場 所: 文京区本郷1-20-5  杉浦ビル5F (1階は松屋)、水道橋A6から1分(三田線、JR総武線)・後楽園5分(丸の内線、南北線)
  • 参加費: 2,000円(当日お支払)
  • お申込: こちらの リンクから 締切は、1月17日(木)、または40名まで。

聖書とティム・ケラー著「この世界で働くということ」をベースにして、聖書からの新しい「働き方改革」を探求する3回シリーズの最後です。今回は、聖書の贖いと回復の箇所と、本の9~12章をベースに、福音による仕事に対する新しいコンセプトなどを考えます。

一般社会人で教会や職業も違う3名のスピーカーから、それぞれの仕事と信仰に関する証や悩みなどお話していただきます。学びをした後、参加者のみなさんは、グループに分かれてディスカッションをします。

【スピーカー

李智旻 (り じみん)さん

東京育ちの韓国人。都内の法律事務所で事務員の仕事を始めて4年目になります。

好きな御言葉は、ヘブル人への手紙 4:12
「神の言葉は生きている」まるで文字が紙面から浮き上がり踊り出しそうな、躍動感のある、この御言葉が好きです。東京で働くクリスチャンとして、今、ここ日本で私は何ができるのだろうか? 私は、生き生きと情熱を持って働きたいと思っています。是非皆さんと時間を共にし、話を分かち合いたいです。

在日大韓基督教会東京教会

福田淳美(あつみ)さん

日本生まれ、日本育ち。オフィス用品からIT機器までを取り扱う会社の営業サポート。

大学はアメリカのカリフォルニア州で、国際関係学を専攻。卒業後、日本に帰国し、今年社会人4年目。趣味は、ダンス、歌、絵を描くことです。

武蔵野福音自由教会

クリス・トゥルーターさん (Kris Truter)

アメリカのアリゾナ州出身

医療機器メーカーにおいて、営業、マーケティングおよび技術サービスマネジメントの分野で18年以上、日本での教師経験は11年の実績。アリゾナ州立大学で日本語と中国語の学士号、フェニックス大学でグローバルマネジメントのMBAを取得。トーストマスターズ・インターナショナルの熱心な会員で、現在、東京トーストマスターズの会長。

創造的な事業を成功させる鍵は、それを牽引する情熱であると信じています。

グレースシティチャーチ東京

一緒に歩みましょう。