仕事の神学シリーズ:II-3

…『ザ・ロード』(コ―マック・マッカ―シー著)では、無名の父と息子が、共食いと暗黒の捕食暴力を受け入れた世界をナビゲートします。この小説における終末後の状況は、パンデミックの初期に私たちが淡い形で目にしたような一種のパニックに満ちています。

仕事の神学シリーズ:II-2

仕事とは、私たちが「使命」を果たす場です。私たちは皆、神のかたちを負う者として、神の良い目的のために神の創造物を満たし育てるという文化命令と、贖われたキリストに付き従う者として、イエスとその道を世に知らせるという大宣教命令の両方を果たすためにこの世界に派遣されているのです。