信仰と仕事の統合のストーリー:6

「Women, Work & Calling」(女性、仕事、召命)と題して10月に開かれたイベントでのインタビューで、Duolingo(英語教育アプリ)の元最高マーケティング責任者のCammie Dunaway(キャミ―・ダナウェイ)さんが、良い仕事を作り出す秘訣を話してくださいました。

信仰と仕事の統合のストーリー:5

良質な雇用は、個人と地域社会の健全性を支える重要な要素です。失注率92%のこの業界で、デイブとイングリッドは、豊かなコニュニティーを築くための第一歩として、不動産業者の成功を後押しする事から始めました。「誇りを持てるキャリアを築くことで、人生を根本から変える手助けができる」と…

信仰と仕事の統合のストーリー:3

…高貴な女性は仕事において持続可能性への志向を示しています。畑を買い、その畑を使ってブドウ畑を作る彼女は、申命記に定められた環境法を知り、実践しているのでしょう。そうすることで、彼女は「地球(未来のための資源)と人々(社会に良い影響を与える)を保全しながら利益を上げる」ことができるのです。

信仰と仕事の統合のストーリー:2

…ハンナ・ストルツェさんの新著「知恵に基づくビジネス: 目的に適った利益になるビジネスのための、聖書の原則と証拠に基づく研究」では、箴言に記されている古代の知恵が、利益になり倫理的なビジネスを促進する実践的な方法を教えてくれると論じています。

信仰と仕事の統合のストーリー:1

飲食店経営の経験も人を雇ったこともなく、コーヒーについても門外漢の自分がマネージャーとして働くことになりました。それまでの教会のリーダーという働きと、新しいカフェ&チャーチの枠組みの中での働きを、どのように両立させればいいのか不安になり、自分にこそこのコースが必要だと強く感じ受講することにしました。

仕事の神学シリーズ:III-2

割れた陶器の修復術である金継ぎは、16世紀の日本で生まれました。戦国武将・秀吉の側室が大事な茶器を誤って落としてしまったとき、利休という茶人が間に入りました。…金継ぎは、私たちの人生と世界における神の仕事の、おそらく比類なき例えでしょう。

仕事の神学シリーズ:III-1

主の祈りは親しまれています。あまりになじみがあるため、思考や行動、心の姿勢を変える力を見失ってしまうこともあります。あまりになじみがあるため、私たちはこの祈りが私たちの職場でのあり方を変える可能性があるとは思えないこともあります。