ブログ
富田早紀: 看護師、9期生
このコースを通して、仕事と信仰について深く学べる機会となりました!参加者とのディスカッションの中で共感してくださる方々、また新たな豊富な気づきを与えられたこと、感謝です。改めて、神様と人の為に仕えられたイエスの様に、私も… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
廣橋麻子: 翻訳業、9期生
自分のこれまでの人生を振り返り、次のステージに移行するための区切りとしてよい経験でした。私にとって働くことは生きることそのもので、それは神のためでもあり、同時に自分のためでもあるというバランスを再確認することができました… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
寺西まゆり: 専業主婦、9期生
自分とは違う世代や職種の方々とディスカッションができて、たくさんの気づきや励ましがあったことが良かったです。学びも充実していましたが、自分にとってはリフレッシュにもなり、毎週楽しみにしていました。自分の罪・偶像と向き合え… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
堆朱光良: 事務職、サービス業、教会、9期生
仕事、働くこと自体が良いものであることの深い気付きがありました。また、心の偶像の丁寧な取り扱いに感謝します。
阪口春奈: IT業界、営業、8期生
仕事は神様に祝福された良いものだということ、そしてビジネスの世界でクリスチャンとして精一杯に果たせる使命があるとわかり励まされました。コースで扱われた内容すべてが、日々働く中で直面する葛藤や弱さに対する神様からの知恵と真… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
寺本勢一郎: 総合商社、営業、8期生
承認欲求という偶像が仕事のみならず生き方に影響しており、自分の力ではどうやっても抜け出せないこと。また偶像は、神様が求めている生き方を問うたり、メンターのサポートをもらいながら、解放されていくものであることがわかった。
渋谷タケシ: グラフィックデザイナー、8期生
教会での奉仕は神にものすごい喜ばれているが、一般社会での働きには神はそこまで関心を持っておられない…そんな二元的な世界観を持ってきたことに気づかされた。教会の奉仕よりも仕事に熱心でいる人を見ると、どこかで裁いている自分が… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
大王睦美、8期生
仕事はいいものとわかったこと。栄光を帰す具体的行動がわかったこと。過労の原因と対策がわかったこと。何よりもどんな仕事に就いたとしても、過労などの心配なくできる自信がついたこと。またコース始めは、セッション途中で頭がぼーっ… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
チョウ・イングリッド: 音楽教師・指揮者、7期生
今の仕事も神様の計画だと確認できた。
橋本哲哉: 教会開拓者、6期生
イエス様の代理人として生き、働くこと。仲間と、祈りあいながら学べたことが、素晴らしかった。
岡村三子(みね): マネージャー、6期生
人に認めてもらいたい気持ちがどこから来るのか、今までより一歩踏み込んで、主と向き合えたこと。コンプレックスを自力で克服しようとして、主にゆだねていなかった罪が示され、悔い改めて、主の愛の大きさを同時に味わう体験ができたこ… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
高成田まみ: インストラクター、6期生
このコースは、信仰と仕事をテーマにインプットをもらいながら、与えられたテーマに沿ってディスカッションをしたり、発表する機会があり、インターアクティブな研修で学ぶものは多く、職業やバックグラウンドの違う兄弟姉妹との異業種の… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
大原早人: サービスエンジニア、5期生
N.S: 法務関係、4期生
コースの受講を通じて、自分の「偶像」を発見しました。「仕事を通じて名を上げたい」という偶像です。私の場合、それは、「自分の能力をどこまでも高めたい」という思いです。そのような思いの結果として、自分のやりたいことを優先して… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
八島堅志: 議員、4期生
学びを通して、神様は仕事を「良い」ものとして扱ってくださっていることを知りました。神が良いとしたものには当然優劣はなく、仕事に対して、聖なる仕事(直接献身)と世に属する仕事(間接献身)という区分けが頭にあったわたしには、… 続きを読む 富田早紀: 看護師、9期生
日本語