コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

Blog
職場における「創造的な善」の包括的理解ー5
一般恩恵という概念を理解するのにも役立ちます。神の姿がすべての人間の中にあるように、すべての人間の良い行いは、それを受け入れるかどうかにかかわらず、神によるものなんです。「仮にあなたが脳腫瘍になってそれを摘出してもらうとしたら、最高のノンクリスチャンの脳外科医にお願いしたいですか、それとも、それほどでもないクリスチャンの脳外科医に頼みたいですか?」
職場における「創造的な善」の包括的理解ー4
創造は善である、という意味です。創世記に「文化命令」…この言葉は「出て行って、地域社会に繁栄をもたらす」という意味だと学びました。…銀行業は資源を再分配するための組織的な方法なんです。
職場における「創造的な善」の包括的理解ー3
信仰と仕事に関して人々が抱いている誤解にはどのようなものがありますか?……実はこれら4つのグループのどれか一つだけで行動すると、福音を切り捨ててしまうことになります。私にとって信仰と仕事とは、福音が仕事のすべてを変える、つまり包括的に、心/コミュニティ/世界といういわば三位一体でとらえます。
職場における「創造的な善」の包括的理解ー2
創造的な善、つまり創造の時にあった良い状態に照らして、自分のキャリアをどう理解すればいいでしょう。…ですから教会は、個人がそれぞれの業界に入っていくための訓練をする、という役割を担っていかなくてはならないのです。
職場における「創造的な善」の包括的理解ー1
リーダーに関するすべては、人々が自分の仕事に深い関心があるというレンズを通して捉えられなければならないと語っています。ですから牧師や教会が人々にキリストの約束を理解してもらおうと努め、その街に影響を与えたいなら、このレンズを通してする必要があります。牧師や教会の仕事は、キリストの贖いの業を通して福音の約束を理解させる、いわば高速道路の進入路(入口)みたいなものです。
日本語