仕事、世界の始まりから – 創世記1

By greenroom,  David Williamson 

このブログは、https://greenroomblog.org/ と著者よりLIGHT PROJECTに翻訳と配信の許可を得ています。創世記シリーズ8回の内容です。

歴史の幕開けとともに、男と女はまず神との関係に召されます。そして次に、神が創造し、人間に委ねた世界を管理し、形作り、デザインし、発展させるという「支配」の行使に、神と共に参加するように召されています。

創造主である神は、積極的に働く神であり、被造物、特に神に似せて造られた人に精力的に個人的に関わっています。人は、被造物であることを忘れてはいけませんが、神の目的のために造られています。すなわち、神との積極的で信頼に満ちた忠実な関係を築き、神の創造の仕事を継続するために神と共に働くのです。

「はじめに神が天と地を創造された。」は、「神が創造しはじめたとき」とも訳せます。神は、デザインし、想像し、形を作る創造主です。無から有を創造されたのです。

ヨハネの福音書1章には、「初めにことばがあった。」と書かれています。この「ことば」は、「アイデア」とも訳せます。つまり、神はアイデアを持って、何もないところから何か(すべて)を創造されたのです。今でも創造中ということです。それは、指をパチンと鳴らし、完成されたものが現れたことではない。神のYHWH(ヤハウ()という名とアイデンティティが活動し、仕事することが、万物を「存在させる」のです。活動、仕事は、世界を発展させ、形成することを始め、一歩一歩形にしていきます。

神は働き、無から有を作り、目的のある活動をします。神は非常に熱心に働き、それぞれの段階で休息したり、考えたり、自分の仕事を祝ったりする時間をとっているようです。自然界や物質界は、神の想像力豊かな活動の産物です。

神は、地球や被造物の全宇宙を存在させるという現実のアイデア、「ロゴス」を心に描いています。ヨハネの福音書には、「すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもなかった。」とあります。ですから、霊的なものと物質的なものを対比させることは聖書的ではありません。物質は、霊的なものと同じように、神から来て、神の霊によって存在し、命を吹き込まれます。それは、神に似せて造られた、神の目的のためのものです。

私たちはこれを聞き、私たちの仕事に対する神の目的に耳を傾ける必要があります。神が何をしているのか、どのようにしているのかを探り、それによって自分の仕事が何なのか、どのようにすべきなのかを理解する必要があるのです。

まず最初に気づくのは、神が仕事をするときには、混沌から秩序を生み出し、形のないものに形を与えることを始めるということです。これは、創造の最初の瞬間だけのことではなく、継続して行われます。私たちの仕事には尊厳と目的があり、全体の幸せに貢献しています。神は、土や素材を用いて、それに形や構造を与えます。そのための神の積極的なプロセスは、一部は私たちの仕事を通して継続しています。

創世記の最初の章で、”創造した”、”分けた”、”名づけた”、”作った”、”置いた “という動詞に注目してください。私たちが身の回りの混沌とした状況に秩序をもたらす手助けをするとき、私たちは神と神の目的に参加することになります。自分の周りの混沌とした状況に、より良い秩序をもたらす方法を探し、間接的にも直接的にも、神による人生の目的に参加していることを喜びましょう。

創造の日ごとに、神はより具体的な形を加えていきます。ここにもプロセスがあります。神は混沌としたものに構造を与え、神に似せて造られた人間が行うべき仕事のパターンを示しているのかもしれません。秩序、形、構造をもたらす手助けをする人間の仕事は、神の仕事であり、それゆえに 「良い」のです。

逆に、秩序を破壊し、混沌をもたらすものはすべて神に反しており、したがって悪である。例えば、公害、依存症、不当な暴力や無秩序などです。しかし、神の仕事は破壊的ではありませんが、例えば創世記6-8章の大洪水のように、秩序を取り戻し、再構築し、新たにするために、破壊を積極的に利用することもあります。

言葉は、思考やアイデアに定義を与えるのに役立ちます。つまり、最初から、呼ぶ、指示する、定義する、分類するといった言葉の働きがあるのです。そして、見ること、観察すること、注意を払うこと、反映すること、評価することなどの仕事があります。神はこれらすべてを見て 「良い」と言いました。

これらは今ここにあるものであり、「はじめから」そこにあったものです。これらは神の本来の意図であり、今日の私たちの参加によって存在し続けているのです。

私たちは毎日、健全な尊厳と目的意識、そして喜びを持って仕事に向かうことができます。それは、私たちがしていることには神様の目的があることを知り、小さいながらも取るに足らない方法ではありますが、神様が意図した世界を形成するために神様と一緒になっていることを感じられます。私たちは共に神に似せて造られており、神のデザインを実現するために神と共に働くのです。したがって、私たちの仕事は、神のアイデア、意図、デザイン、目的の一部なのです。私たちは共同作業者であり、共同創造者であり、神に参加しているのです。日常生活の普通の活動の中で、私たちは高貴な召命、高貴な名誉、そして喜びを生きているのです。

LIGHT PROJECTでは、働くクリスチャンが、「信仰と仕事」を統合し、毎日の仕事を通して、職場でイエスの光(Light)を輝かせる(福音を適用する)ことができるように励まし、養うことを目標としています。

このブログを通しても、皆さんの励ましと役に立てれば嬉しいです。

写真:松田牧人、翻訳:後藤スティーブン

コンタクト

info@lightproject.jp

日本語