コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

シリーズ: つぶやき(バベル)続ける
国々のあり得ない未来
バベルの物語は、こう問いかけています:私たちの仕事は、世界をどこに導いているのだろうか。」…私たちの仕事が、物質世界を整えることだと言うのか、それとも、神の民としての私たちを整えること「だけ」だと言うのか、この2つだというのは誤った選択だとにお気づきでしょうか。
聖霊によるあり得ない変革
バベルの物語は、使徒の働きの中で、衝撃的に反転した形で現れます。バベルは単に反転するだけでなく、私たちが予想もしなかったような形で反転します。また、それは私たちの日々の仕事にとって非常に大きな意味を持つのです。
捕囚のあり得ない教訓
イスラエルのバベル(通称バビロン)への捕囚は、私たちの日々の仕事を見直すために利用できる、大きなバベルの物語における次の段階です。最近、信仰と仕事の流れにおける福音主義の人々の間では、捕囚について語ることが流行しています。実際、あまりにも長い間、流行の最先端を走ってきたため、私はこの言葉が少し流行遅れになりつつあるのではないかと思っています。私たちは、そのような洞察を得て、ポイントを理解し、次に進む時が来たと感じているかもしれません。…捕囚は大きな物語の中の一つの地点に過ぎず、その大きな物語が捕囚に最も深い意味を与えているのです。
あり得ない神の民の仕事
創世記11章を抜きにして、創世記12章を理解することはできません。残念ながら、聖書の贖いの物語は、聖書のバベルの物語から切り離されてしまっています。 そしてこのことは、私たちの仕事の神学に大きな影響を与えます。
仕事のあり得ない力
バベルの反乱に対する神の対応は見事です。そして、それは、私たちの日々の仕事について、また、私たちがその中で働くようにと造られた社会性について、多くを明らかにしています。……神は人間の制限なく建て上げようとする願望を笑ったりはされません。……それどころか、人間の無限の能力を明確に肯定しておられるのです。
  • 1
  • 2
日本語