コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

シリーズ: 職場における「創造的な善」の包括的理解
職場における「創造的な善」の包括的理解ー9
…組織の現場レベルで必要な変化を察知し、そのような変化を提唱して実現できた人の例を教えてください。…ティム・ケラー氏の「忠実な存在感」という言葉を借りれば、その人は忠実であり続けました。
職場における「創造的な善」の包括的理解ー8
ミッシーさんが信仰と仕事、教会と世界の関係について説明する際に好感をもてるのは、それが特定の労働者階級や仕事の役割に限定されていないと感じられることです。……ある業界の変革や過ちを正すという表現がたくさん出てくると、そのような変化をもたらすには、ある程度の権限や影響力が必要だという印象をもつことがあります。でもミッシーさんのお話を聞いていると、こういった主張は誰にでもできることのように感じられます。
職場における「創造的な善」の包括的理解ー7
…人々が自分の場所から外に出て、教会となり、職場の人々、場所、物を愛し、心、コミュニティ、世界レベルで自分の仕事について考えられるようになることを目指しています。
職場における「創造的な善」の包括的理解ー6
仕事は堕落の結果ではないということです。封建的な労働や不当な労働などは堕落の結果かもしれませんが、労働はそもそも人に常に期待されていたものです。エレミヤ書29章に登場するダニエルとその友人たちは、亡命中にも家を建て、庭を作り、地域社会に参加するように命じられています。
職場における「創造的な善」の包括的理解ー5
一般恩恵という概念を理解するのにも役立ちます。神の姿がすべての人間の中にあるように、すべての人間の良い行いは、それを受け入れるかどうかにかかわらず、神によるものなんです。「仮にあなたが脳腫瘍になってそれを摘出してもらうとしたら、最高のノンクリスチャンの脳外科医にお願いしたいですか、それとも、それほどでもないクリスチャンの脳外科医に頼みたいですか?」
  • 1
  • 2
日本語