コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

シリーズ: 仕事の神学シリーズ
仕事の神学シリーズ:III-4
…「人は手段を選ぶと、自分の人生に意味を見出せなくなる。しかし、目的に集中することで、その人の人生は意味のあるものになるのだ。」
仕事の神学シリーズ:III-3
かつて、その音楽で聴衆の涙を誘うヴァイオリニストがいました。…ところが、周囲の文化を見るにつけ、クラシック音楽に対する評価が急速に薄れていることに気付きます。
仕事の神学シリーズ:III-2
割れた陶器の修復術である金継ぎは、16世紀の日本で生まれました。戦国武将・秀吉の側室が大事な茶器を誤って落としてしまったとき、利休という茶人が間に入りました。…金継ぎは、私たちの人生と世界における神の仕事の、おそらく比類なき例えでしょう。
仕事の神学シリーズ:III-1
主の祈りは親しまれています。あまりになじみがあるため、思考や行動、心の姿勢を変える力を見失ってしまうこともあります。あまりになじみがあるため、私たちはこの祈りが私たちの職場でのあり方を変える可能性があるとは思えないこともあります。
仕事の神学シリーズ:II-10
…イエスが生涯の大半を大工の仕事に費やされたことを振り返りながら、作家ティシュ・ハリソン・ウォーレンが私たちに示しているのは、クリスマスの物語の中で見過ごされがちな次のことです-「神は地上に来られ、働かれた。」