コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

注: iCloud or me.comは百々来ませんので、それ以外のメアドでお願いします。

信仰と仕事の統合のストーリー:5

このブログは、Denver Institute for Faith & Workより許可を得て掲載しています。


Flourish不動産ネットワーク(後半)

Hannah Echols-Grieser著

前半では、このネットワークを始めた背景を紹介しました。

持ち家と希望

良質な雇用は、個人と地域社会の健全性を支える重要な要素です。失注率92%のこの業界で、デイブとイングリッドは、豊かなコニュニティーを築くための第一歩として、不動産業者の成功を後押しする事から始めました。「誇りを持てるキャリアを築くことで、人生を根本から変える手助けができる」と、デイブは話します。コミッションの手厚い分配キャリア支援のネットワーク、そして自分たちが支持する人間的繁栄(Human Flourishing)のための活動への参加を勧めることで、これを実現しています。その結果、不動産業者は自分の望むキャリアを築き、家族を養い影響を与えることができます。

不動産業者は、顧客が夢のマイホームを確保できるようサポートします。こうした顧客の多くは、持ち家を持つことが可能だとは思ってもいませんでした。デイブはかつて、24万ドル(3500万円)の学生ローンを抱えた夫婦を担当したことがありました。土壇場になって、貸主から、学生ローンの金額が大きすぎるため、この夫婦は家を購入できないと言われました。そこでデイブともう一人の不動産業者は、自分たちがもらうはずの手数料を、その夫婦が成約するために必要な現金に充てることに同意しました。「誰も儲からなかったが、その夫婦は家を買うことができました。3、4年後、彼らは家を借り換え、学生ローンを完済したのです」と、デイブは言いました。

手ごろな価格の住宅は、豊かな人生にとって重要な役割を果たします。家を持つことは、その人の経済的な将来を変え、世代間の貧困の連鎖を断ち切ることができます。ハビタット・フォー・ヒューマニティ(Habitat for Humanity)が行った調査によると、米国の持ち家所有者の平均純資産は、同じような属性と収入の賃貸住宅所有者よりも400%高いです。Flourish不動産ネットワークは今年、初めて家を持つ人のための講座を開設し、他の方法では到達できないかもしれない人々に提供する予定です。

「ブライアン・グレイ(Brian Gray)が講座を手伝ってくれています。デンバー・インスティテュートの素晴らしいところは、もう一度、一から作り直すことなく、他の場所や人々と繋がることができることです」と、イングリッドは言います。

地元でのチャンスの創出

フローリッシュ・アライアンスは人脈を大切にしています。助成金を提供する非営利団体として認められ、人間の繁栄(Flourishing)に向けて積極的に活動する他の組織と戦略的に提携しています。「私たちのパートナーは、私たちのやりたいことを何よりもよく伝えてくれます」と、イングリッドは言います。

例えば、彼らは、リトルトンのダウンタウンにある「少なくてもあなたが払えるだけのお金で食べられる」(a-pay-what-you-can)食堂、グレイスフル・コミュニティ・カフェと緊密に連携しています。彼らは食事を提供することで、くいっぱぐれを解消し、コミュニティを築くことを目指しています。そして、手頃な価格の住宅を提供することを目的とするハビタット・フォー・ヒューマニティもあります。彼らはまた、次世代の繁栄のために努力をしている低所得層向け学校のビレッジ保育園と提携しています。さらに、非営利団体のBlood:Waterを通じてアフリカとも繋がっています。Blood:Waterは、水、衛生、HIV/AIDSに関する健康格差をなくすことを目的としています。

まとめると、Flourish不動産ネットワークの目標は、不動産業者、顧客、コミュニティーに希望をもたらすことです。それはすべて、神の栄光のために自分たちが持っているものを管理することの一部であり、ペースを落とすつもりはありません。

「私たちは、この地上にいつまでいられるかはわかりません。でも今のところ、私たちは多くのことを託されています。それを100%管理するのが私たちの責任です。」と、デイブは言います。

ーーーー

Flourish」を日本語に訳すと、繁茂する、盛大である、活躍するとなりますが、そのままの英語にしています。

このブログの英語原典:https://www.denverinstitute.org/feature-story-annual-report-2022/

Denver Institute for Faith & Workのビジョンは、すべての人の仕事が、その街に希望と命をもたらすことです。そのため、人々が日々の仕事の中で神と他者に仕え、職場と都市が変革されるよう準備します。

LIGHT PROJECTでは、働くクリスチャンが、「信仰と仕事」を統合して、毎日の仕事を通して、職場でイエスの光(Light)を輝かせることができるように励まし、養うことを目標としています。

このブログを通しても、皆さんの励ましと役に立てれば嬉しいです。