バベルの塔
あり得ない神の民の仕事
創世記11章を抜きにして、創世記12章を理解することはできません。残念ながら、聖書の贖いの物語は、聖書のバベルの物語から切り離されてしまっています。 そしてこのことは、私たちの仕事の神学に大きな影響を与えます。
仕事のあり得ない力
バベルの反乱に対する神の対応は見事です。そして、それは、私たちの日々の仕事について、また、私たちがその中で働くようにと造られた社会性について、多くを明らかにしています。……神は人間の制限なく建て上げようとする願望を笑ったりはされません。……それどころか、人間の無限の能力を明確に肯定しておられるのです。
国家のあり得ない未来
バベルの物語は、堕落した世界における仕事のパターンの多くを明らかにしています。…..創世記11章で語られているのは、単なる塔ではなく、都市なのです。……バベルが目指したのは、…自分たちの仕事の強さに誇りと安心を求め…

コンタクト

info@lightproject.jp

ニュースレターのご登録

日本語