仕事
あり得ない神の民の仕事
創世記11章を抜きにして、創世記12章を理解することはできません。残念ながら、聖書の贖いの物語は、聖書のバベルの物語から切り離されてしまっています。 そしてこのことは、私たちの仕事の神学に大きな影響を与えます。
仕事のあり得ない力
バベルの反乱に対する神の対応は見事です。そして、それは、私たちの日々の仕事について、また、私たちがその中で働くようにと造られた社会性について、多くを明らかにしています。……神は人間の制限なく建て上げようとする願望を笑ったりはされません。……それどころか、人間の無限の能力を明確に肯定しておられるのです。
国家のあり得ない未来
バベルの物語は、堕落した世界における仕事のパターンの多くを明らかにしています。…..創世記11章で語られているのは、単なる塔ではなく、都市なのです。……バベルが目指したのは、…自分たちの仕事の強さに誇りと安心を求め…
満足の秘訣とは?
使徒パウロが「私は、どんな境遇にあっても満足することを学びました」と言っているのは、…現在の状況を改善しようとしたり、より良い仕事を見つけたり、より多くのお金を稼いだり、さらに教育を受けたりするべきではないということを意味しているのでしょうか。 満足しては行けないときと、満足の秘訣とは?
もし、間違った仕事についてしまったら
もし、間違った仕事に就いて行き詰ってしまったら、どうすればいいですか。 ほとんどの人がこの質問に共感するでしょう。なぜなら、誰もが自分に合わない仕事に就いたことがあるからです。畑違いの仕事だったり、仕事を楽しめなかったり、信頼できない同僚に囲まれていたり、無能な上司がいたりなど、あなたもそのように感じたことがあるかも知れません。
「タレントのたとえ話」から学ぶ私たちの人生の5つの教訓
クリスチャンは、仕事、成功、富について、どのように考えるべきでしょうか。 私は最近、byFaith誌からこれらの難しい質問に答える記事を書くよう依頼されました。これらのトピックにどのようにアプローチするかを考えたとき、マタイの福音書25章14節〜30節にある「タラントのたとえ話」が、これらのトピックを考える上で役立つ枠組みを提供していることに気づきました。

コンタクト

info@lightproject.jp

ニュースレターのご登録

日本語