コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

注: iCloud or me.comは百々来ませんので、それ以外のメアドでお願いします。

創造
仕事の神学シリーズ:2
…今日の教会の問題の一つは、この4章から成る福音書を切り捨てて2章にしてしまったことです。堕落と贖いの話ばかりしているわけです。最初の章をすべて省いてしまったため、私たちが何をするために造られたのか、私たちの目的が何なのかが分からなくなったのです。
職場における「創造的な善」の包括的理解ー5
一般恩恵という概念を理解するのにも役立ちます。神の姿がすべての人間の中にあるように、すべての人間の良い行いは、それを受け入れるかどうかにかかわらず、神によるものなんです。「仮にあなたが脳腫瘍になってそれを摘出してもらうとしたら、最高のノンクリスチャンの脳外科医にお願いしたいですか、それとも、それほどでもないクリスチャンの脳外科医に頼みたいですか?」
職場における「創造的な善」の包括的理解ー4
創造は善である、という意味です。創世記に「文化命令」…この言葉は「出て行って、地域社会に繁栄をもたらす」という意味だと学びました。…銀行業は資源を再分配するための組織的な方法なんです。
仕事のあり得ない力
バベルの反乱に対する神の対応は見事です。そして、それは、私たちの日々の仕事について、また、私たちがその中で働くようにと造られた社会性について、多くを明らかにしています。……神は人間の制限なく建て上げようとする願望を笑ったりはされません。……それどころか、人間の無限の能力を明確に肯定しておられるのです。
国家のあり得ない未来
バベルの物語は、堕落した世界における仕事のパターンの多くを明らかにしています。.....創世記11章で語られているのは、単なる塔ではなく、都市なのです。......バベルが目指したのは、...自分たちの仕事の強さに誇りと安心を求め...