コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

尊厳
仕事の神学シリーズ:II-10
…イエスが生涯の大半を大工の仕事に費やされたことを振り返りながら、作家ティシュ・ハリソン・ウォーレンが私たちに示しているのは、クリスマスの物語の中で見過ごされがちな次のことです-「神は地上に来られ、働かれた。」
仕事の神学シリーズ:II-2
仕事とは、私たちが「使命」を果たす場です。私たちは皆、神のかたちを負う者として、神の良い目的のために神の創造物を満たし育てるという文化命令と、贖われたキリストに付き従う者として、イエスとその道を世に知らせるという大宣教命令の両方を果たすためにこの世界に派遣されているのです。
ルターがいなければバッハもいなかった:3
信仰と仕事に関する見解について、ルターとカルヴァン…はすべての仕事の尊厳を唱えました。仕事を「聖なるもの」と「世俗的なもの」に区別することを拒絶したのです。二人ともすべての信者が祭司であるという考えを支持し、すべての人が従事する一般的な仕事を賞賛しました。
信仰が仕事を形作る5つの方法ー2
キリスト教信仰は、神が私たちを通してご自分の世界を愛し、配慮してくださる手段としての仕事について、新しい概念を与えてくれます。ルターは、最も単純な種類の仕事をする人は「神の指」であると書いています。