コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

破れ
仕事の神学シリーズ:III-2
割れた陶器の修復術である金継ぎは、16世紀の日本で生まれました。戦国武将・秀吉の側室が大事な茶器を誤って落としてしまったとき、利休という茶人が間に入りました。…金継ぎは、私たちの人生と世界における神の仕事の、おそらく比類なき例えでしょう。