コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

注: iCloud or me.comは百々来ませんので、それ以外のメアドでお願いします。

黙示録
ルターがいなければバッハもいなかった:2
愛は愛の業(仕事)によって育まれる  ルターは、信仰と日常生活を結びつけたいと考えました。どんなに平凡な生活をしていても私たちは皆、祭司なのです。彼はこう言います。  教皇、司教、司祭、修道士が「霊的身分」と呼ばれ、王侯、領主、職人、農民が「世俗的身分」と呼ばれてしまうのは全くの虚構であって、まさに欺瞞と偽善の塊だ。すべてのキリスト教徒は真に霊的な地位にあり、彼らの間にあるのはただ職業が違っているという事実だけだ。
国々のあり得ない未来
バベルの物語は、こう問いかけています:私たちの仕事は、世界をどこに導いているのだろうか。」…私たちの仕事が、物質世界を整えることだと言うのか、それとも、神の民としての私たちを整えること「だけ」だと言うのか、この2つだというのは誤った選択だとにお気づきでしょうか。
国家のあり得ない未来
バベルの物語は、堕落した世界における仕事のパターンの多くを明らかにしています。.....創世記11章で語られているのは、単なる塔ではなく、都市なのです。......バベルが目指したのは、...自分たちの仕事の強さに誇りと安心を求め...