コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

創世記
職場における「創造的な善」の包括的理解ー5
一般恩恵という概念を理解するのにも役立ちます。神の姿がすべての人間の中にあるように、すべての人間の良い行いは、それを受け入れるかどうかにかかわらず、神によるものなんです。「仮にあなたが脳腫瘍になってそれを摘出してもらうとしたら、最高のノンクリスチャンの脳外科医にお願いしたいですか、それとも、それほどでもないクリスチャンの脳外科医に頼みたいですか?」
職場における「創造的な善」の包括的理解ー4
創造は善である、という意味です。創世記に「文化命令」…この言葉は「出て行って、地域社会に繁栄をもたらす」という意味だと学びました。…銀行業は資源を再分配するための組織的な方法なんです。
聖霊によるあり得ない変革
バベルの物語は、使徒の働きの中で、衝撃的に反転した形で現れます。バベルは単に反転するだけでなく、私たちが予想もしなかったような形で反転します。また、それは私たちの日々の仕事にとって非常に大きな意味を持つのです。
捕囚のあり得ない教訓
イスラエルのバベル(通称バビロン)への捕囚は、私たちの日々の仕事を見直すために利用できる、大きなバベルの物語における次の段階です。最近、信仰と仕事の流れにおける福音主義の人々の間では、捕囚について語ることが流行しています。実際、あまりにも長い間、流行の最先端を走ってきたため、私はこの言葉が少し流行遅れになりつつあるのではないかと思っています。私たちは、そのような洞察を得て、ポイントを理解し、次に進む時が来たと感じているかもしれません。…捕囚は大きな物語の中の一つの地点に過ぎず、その大きな物語が捕囚に最も深い意味を与えているのです。
あり得ない神の民の仕事
創世記11章を抜きにして、創世記12章を理解することはできません。残念ながら、聖書の贖いの物語は、聖書のバベルの物語から切り離されてしまっています。 そしてこのことは、私たちの仕事の神学に大きな影響を与えます。
日本語