コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

注: iCloud or me.comは百々来ませんので、それ以外のメアドでお願いします。

仕事の神学シリーズ:2

このブルグは、著者のヒュー・ウェルチェル氏から許可を得て翻訳・掲載しています。


福音と私たちクリスチャンの様々な召命

私、ヒュー・ウェルチェルは通常、福音を創造、堕落、贖い、回復の4つの章に分けて話しています。

  • 創造は、物事のもともとのあり方です。
  • 堕落は、物事の現在のあり方を示しています。
  • 贖いは、物事のあり得る姿を示しています。
  • 回復は、物事がこれからどうなるかを示しています。

この4つの章がありますが、今日の教会の問題の一つは、この4章から成る福音を切り捨てて2章にしてしまったことです。堕落と贖いの話ばかりしているわけです。最初の章をすべて省いてしまったため、私たちが何をするために造られたのか、私たちの目的が何なのかが分からなくなったのです。そして、私たちがどこに行き着くのかが書かれている最後の章も省かれています。つまり、私たちは、自分が何をするように造られたのか、そしてどこに行き着くのか、すべてが終わった時にどこにいるのかがわからなくなってしまったのです。

その結果、私たちは真の福音を歪めてしまいました。福音はすべて自分自身のためのものとなってしまったのです。ある学者は、「それは自己管理の福音である」と言っています。それは罪の管理に過ぎません。私たちが自分自身の罪を管理しているわけです。しかし、聖書は、そのようなことを全く教えていません。ですから、私たちがしなければならないことの一つは、聖書に戻って、「この4章の枠組みの中で、最初の章に戻りましょう」と言うことです。私たちは、いったい何をするために、この場所に置かれたと言っているでしょうか?

「地を治める」あるいは「働く」とは、どういうことか?

創世記の2章で、神はアダムを園に置いて、園を耕し、手入れをするようにと言われました。そこにはバランスがあります。私たちが被造物に対して行うことには、バランスがあるのです。ですから、地を治めるに当たって、私たちは地の良いところを引き出すのです。地を人類が繁栄するための素晴らしい場所にするのです。

つまり、アダムは庭師であり、木を切り倒さなければならなかったということです。彼は森林警備隊員ではありませんでした。それはただ現状維持を目指さなかったという意味です。彼は現状を変えても良かったのです。

実際、私がこれまで聞いた中で最も優れた仕事の定義の一つは、「仕事とは、神の被造物、特にあなたが仕えるよう召された被造物の一部を繁栄させるために、神から与えられた物理的資源を再配置することである」という考えです。それが仕事というものなのです。

ですから、私たちは、より多くの繁栄をもたらせるよう、創造性を発揮し、神から与えられたすべての賜物を使って、これらのものを再配置するのです。すべてはより繁栄をもたらすためです。これは、今日の教会から失われてしまった重要な概念です。

クリスチャンの召しにとって、家族はどれほど重要か?

これは非常に重要なことですが、多くの誤解があることでもあります。オズ・ギネスから得たモデルを紹介しましょう。これは本当に私の助けになりましたし、私たちがこのように考えることがないため、このモデルを話すと誰もが本当に助けられます。

オズは、クリスチャンとしての私たちの第一の召しは、キリストの弟子になることだと言っています。それが私たちの第一の召しで、私たちは皆、それを共有しています。この召しから、4つの副次的な召しがあります。副次的な(第二の)召しとは、この第一の召しが現実の世界で実現する方法、つまり、ゴムと道路が出会う方法なのです。その召しとは、次のようなものです。

  • 教会への召し
  • 家族への召し
  • 共同体への召し
  • 職業への召し

オズが言っているのは、一日の間に、これらすべてが作用しているということです。「仕事への召しが大事だから 今週は家族のことは無視しよう」とは 言わないでしょう。 もちろん、皆さんはそんなことは言わないでしょう。むしろ、それらのすべてを実行できるように、時間のバランスを取ろうとするでしょう。

しかし、定年退職を迎えるなど、人生においては大きく異なる時期があります。私は「定年」という言葉があまり好きではありません。でも、お金のために働く必要がなくなり、神様が家族と過ごす時間を増やしてくれるようになったら、それはそれで良いのです。それがあるべき姿なのです。あるいは、地域社会との時間を増やすというのも良いでしょう。教会で過ごす時間を増やすこともできます。

しかし、現実問題として、私たちは生涯にわたって、有給であろうが無給であろうが、この4つの召しにおいて仕事をするように召されているのです。それは無視できません。また、無視するのは危険です。そのバランスをとることも大切ですが、教会で仕える責任、地域で仕える責任、職場で仕える責任があることを意識することも大切です。そして、その働きを通して、神は変化をもたらしてくださるのです。この4つの召しにおける働きによって、神は世界を変えていかれるのです。仕事は、私たちの家庭、教会、地域社会、職場に平和をもたらすために、神が選ばれた道具なのです。私たちはそこに加わる必要があるのです。

ーーーー

このブログの英語原典:https://tifwe.org/the-gospel-our-various-christian-callings/ Praxis Circleのヒュー・ウェルチェルへのインタビューのハイライト。

著者: ヒュー・ウェルチェル(Hugh Whelchel)氏は、Institute for Faith, Work & Economics(IFWE)の創設者で、元エグゼクティブ・ディレクター。宗教学の修士号を持ち、30年以上に及ぶ様々なビジネス経験をIFWEのリーダーシップに生かしている。

LIGHT PROJECTでは、働くクリスチャンが、「信仰と仕事」を統合して、毎日の仕事を通して、職場でイエスの光(Light)を輝かせることができるように励まし、養うことを目標としています。

このブログを通しても、皆さんの励ましと役に立てれば嬉しいです。