コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

注: iCloud or me.comは百々来ませんので、それ以外のメアドでお願いします。

仕事の神学シリーズ:II-2

このブログは、Nashville Institute for Faith and Work (NIFW)より許可を得て掲載しています。


神を愛することと仕事はどう関わっているのか

(後半)

Steven Lindsey著

前半では、神への心を尽くした献身と隣人への愛を生涯にわたって日々一貫して行うようにと命じるこの包括的な命令が、ただ単に可能であるだけでなく、実際、ほとんど仕事を通じて達成することができる理由の4つのうち、「時間」を取り上げました。この後半であとの3つを上げます。

使命

仕事とは、私たちが「使命」を果たす場です。私たちは皆、神のかたちを負う者として、神の良い目的のために神の創造物を満たし育てるという文化命令(創世記1:26-28)と、贖われたキリストに付き従う者として、イエスとその道を世に知らせるという大宣教命令(マタイ28:19-20)の両方を果たすためにこの世界に派遣されているのです。

私たちは、仕事を通して神の世界を実り豊かに耕し、神の性質を反映した「神のかたち」を形成します。それには、生産、創造、革新、管理、美化、秩序建て、回復、贖い、組織化、建設、設計、成長促進などを通してがあります。私たちは、仕事を通して、未信者の世界と最も多く接触します。私たちの良い仕事を望んでおられる神に仕える動機、また、それが神の性質と世界に対する目的を反映する動機を共有するとき、私たちは、仕事という文脈の中で、福音を伝えるより良い機会を自然に見つけることができるのです。

成長

仕事とは、私たちがキリストの姿に成長する場です。

「私は、霊的形成の主要な場所は職場であると主張したい」  - ユージン・ピーターソン

私たちは神の似姿に造られましたが、その表現は罪によって歪められ、新しくされ、正される必要があります。私たちの日々の仕事とその課題は、以下のようなことへの訓練を提供してくれます。

  • たとえそれが困難であっても、評価されなくても、「主のために心をこめて」(コロサイ 3:23)仕事をする。
  • 愛、喜び、平和、忍耐、親切、善意、誠実、優しさ、自制心をますます特徴とするようになる。(ガラテヤ 5:22-23) 
  • 謙虚さを学び、挑戦や失敗を通して成長する。(ヤコブ 1:2-4)
  • なすことにおいて卓越するために訓練し、最高の仕事を神への礼拝の捧げ物として捧げる。(レビ 23:9-14)
  • 他人の拒絶を恐れず、勇気をもって生きる。(箴言 29:5)

隣人愛

仕事とは、私たちが隣人を最も愛する場です。私たちは、個人的な思いやりを持って人と接したり、福音を伝えたり慈善活動を行う非営利団体にお金や時間を捧げたりすることでしか、隣人への愛を考えない傾向にあります。もちろん、直接知っている人への個人的な愛が優先されるし、ミニストリーやNPOの活動も重要です。

しかし、私たち一人ひとりの日々の生産的な仕事は、他の必要な働き手のネットワークとつながっており、生涯を通じて何千もの他の人々の生活と尊厳を支えるのに役立っているのです。これは、特に現代のグローバル経済において、職場の外での個々の慈善的な愛の行為では決して提供できない規模で、定期的に行われていることなのです。

ですから、毎日、自分のすべてをかけて、あなたの神である主を愛してください。そして、あなたの日々の仕事が、このことを実現するための核となる

ーーーー

このブログの英語原典:https://www.nifw.org/blog/loving-god-and-your-job

この記事は、Center for Faith + Work Los Angelesのエグゼクティブ・ディレクターであるSteven Lindsey氏によって書かれたものです。もともとこちらで公開されました。:

https://www.faithandworkla.com/blog-home/what-does-loving-god-have-to-do-with-your-job

NIFWは、米国の信仰と仕事の機関の一つで、ナッシュビルに住むクリスチャンが、自分たちの日々の仕事が、人や場所、物事に命を与え、愛するというイエスの使命にいかに不可欠であるかを発見できるよう、力を尽くしています。

LIGHT PROJECTでは、働くクリスチャンが、「信仰と仕事」を統合して、毎日の仕事を通して、職場でイエスの光(Light)を輝かせることができるように励まし、養うことを目標としています。

このブログを通しても、皆さんの励ましと役に立てれば嬉しいです。