コンタクト

コンタクト

info@lightproject.jp

仕事の神学シリーズ:II-8

このブログは、Nashville Institute for Faith and Work (NIFW)より許可を得て掲載しています。


仕事で感謝の気持ちを育む

(後半)

Russell Gehrlein著

神の祝福の御手を見ることができる職場環境のカテゴリーの後半の2例をご紹介しましょう。

神は私たちに祝福する人々を与えてくださった

ここまで、仕える機会に満ちた職場を神が与えてくださったことを見てきました。神はまた、ご自身の目的を果たすために私たちを用いる仕事を与えてくださいました。最後に、私たちが仕事において感謝できることは、必要としている人々の中に、主が私たちを置いてくださり、私たちは彼らに提供できることです。

ほとんどの人には上司がいます。従業員、同僚、そして顧客もいるでしょう。これらの人々にはそれぞれ様々なニーズがあります。神は、ご自分だけでもこれらのニーズを満たすことができるのに、恵みによって、私たちが日々の仕事を通してこれらのニーズを満たす機会を与えてくださいました。「神はあなたの良い行いが必要なわけではない。でも、あなたの隣人は必要としている」とマルティン・ルターは言っています。

あなたの仕事は、人に仕えるどんなものを提供しているでしょうか。ひょっとしたら、それはある製品かも知れませんし、特定の医療問題の解決に役立つ新技術かも知れません。あるいは、あなたはサプライチェーン・マネジメントに携わっているかも知れません:企業や顧客が常に重要な商品をストックしておくために、あなたの細部への目はどのように生かされているのでしょうか。地方行政に携わっているのであれば、地域社会のどのようなニーズを擁護し、満たしているでしょうか。業種を問わず、隣人はあなたの仕事を必要としているのです。

このポイントに関して異論を唱え、自分の仕事の価値を問う人も居られるかも知れません。自分の仕事が特定の人々にどのように役立っているかを考える方法の一つは、「もし誰も私の仕事をしなかったら、どうなるだろうか。」と問うてみることです。

仕事そのものにとどまらず、私たちは仕事で関わり、共に働く人々を愛し、祝福する機会は必ずあります。それは、疲れた同僚に耳を傾けることかもしれないし、不安な上司を励ますことかもしれません。どのような役割であれ、あなたの仕事は、神が他者を愛するために敢えてあなたを置かれた場なのです。

神があなたに仕えさせようと意図しておられる特定の人々がいて、あなたが仕事を通して満たすことができる特定のニーズがあります。あなたは仕事を通して、自分の賜物と他者のニーズが交差するのを見たことはないでしょうか。

悲しみの中での感謝

ダグラス・J・シューマンは、著書『Vocation: Discerning our Callings in Life(天職:人生における召しを見分ける)』の中で、次のように述べています:「自分の仕事の最も深い意味は、信仰から生まれます。神がこの特定の時に、あなたをこの特定の場所に置かれたと信じること、仕事を通して神と隣人に仕えることによって、神の偉大な救いへの感謝を表現するために自分の賜物と機会を用いること、それが真の意味であり、真の満足と喜びの源なのです。」

神が私たちをどのように祝福し、どのように私たちを職場に導き、どのように私たちを用いて神が私たちをそのもとへと置かれた人々の人生に変化をもたらしてくださったかを本当に知るとき、私たちは、神の御手からのこれらの恵み深い賜物に対する感謝の心をもって神を心から賛美することができます。私たちは仕えるべき場所、果たすべき目的、そして祝福すべき人々を持つ者なのです。

しかし、多くの人にとって、この1年半はキャリアの中で最も困難な仕事の時期だったかもしれません。幸いなことに、感謝の気持ちを育むには、悲しみを無視する必要はありません。感謝祭を迎えるにあたり、神が用意してくださった食卓に、嘆きと賛美の両方を持って行きましょう。

今年与えられたあなたに対する神の優しさを考える際、神があなたの仕事を通して、また仕事の中で、あなたへのをどのように示されたかを考えてみましょう。他の人々の働きがどのようにあなたを祝福し、あなたに仕えてきたかについて考えてみてください。そして最終的には、あなたのために行われ、あなたを神との正しい関係に回復してくださったキリストの完成された仕事に心を留めてください。

私たちが自分自身を前進させられるのは、そのキリストの仕事からなのです。

ーーーー

このブログの英語原典:https://www.nifw.org/blog/cultivating-gratitude-at-work

NIFWは、米国の信仰と仕事の機関の一つで、ナッシュビルに住むクリスチャンが、自分たちの日々の仕事が、人や場所、物事に命を与え、愛するというイエスの使命にいかに不可欠であるかを発見できるよう、力を尽くしています。

LIGHT PROJECTでは、働くクリスチャンが、「信仰と仕事」を統合して、毎日の仕事を通して、職場でイエスの光(Light)を輝かせることができるように励まし、養うことを目標としています。

このブログを通しても、皆さんの励ましと役に立てれば嬉しいです。